漫画【パーフェクトワールド】2巻を読んで想うこと…【困難を乗り越えるために必要なこと】

漫画【パーフェクトワールド】2巻を読んで想うこと…

障がい者生活のセイタロウです。
このブログのこの記事をご覧くださりありがとうございます。

※※※この前書きは【1巻を読んで想うこと…】と共通の内容を引用しています※※※

私は、頸髄損傷(受傷部位:C6)四肢麻痺という比較的重度な身体障害がある手動車いすユーザー です。

普段は障害のある方々の支援をする某障害者生活支援センターに勤務して相談支援業務を行っておりますが、そういった日々の業務経験を積み重ねるうちに、いつしか社会保障制度や社会福祉全般に詳しくなり、気が付けば社会福祉士という資格も取得することが出来ました。

そんな私セイタロウですが、そういった仕事を通じて身体、知的、精神という障がいがある方々と交流を深めたり支援をさせていただくなかで、障がい者の生活について今まで以上に興味と関心を持つようになりました。

参考 セイタロウのプロフィール障がい者生活管理人&著者セイタロウの自己紹介

プロフィールにも書いてあるのですが、私セイタロウは映画や読書が好きなのですが、読書については小説や啓発本や専門書なども読みますけど、やっぱり漫画も大好きです。

好きな漫画は、週刊少年ジャンプを読んで育った世代なのでドラゴンボールや、シティーハンターや、スラムダンクなどなど(世代がよくわかると思います(笑))書き出せばキリがありません。

実は最近はあまり漫画を読めてはいなかったのですが、それでも車いす利用者が登場人物として描かれている漫画は、やはり自分も車いす利用者だけに気になって読んでしまいます。

車いす利用者、特に脊髄損傷という人が主役で描かれている漫画といえば、井上雄彦さんの作品である「リアル」が有名ですが、今回は2018年10月に映画公開された「パーフェクトワールド 君といる奇跡」の上映によって、有賀りえさん原作の本作品を知り、瞬く間にその世界観に引き込まれていきました。

今はただの車いすに乗ったおじさんとなってしまった私ですが、こんなおじさんでも本作品を読み返す度に胸がキュンキュンしてます(笑)

決して胸の動悸ではないと思います(笑)

さて、またまた前置きが長くなりましたが、今回、有賀リエさん原作の「パーフェクトワールド」が、「2019年4月/カンテレ・フジテレビ系4月クールの火9ドラマ」として放映されるとのことが決まったそうで、原作の一ファンとして陰ながら応援させていただきたく、単行本一巻毎にネタバレを含まない感想を、脊髄(頸髄)損傷当事者である私セイタロウの実体験を踏まえて書かせていただこうと思った次第です。

パーフェクトワールド 作品紹介【1巻からの共通項目あり】

原作紹介

さて、この【漫画【パーフェクトワールド】2巻を読んで想うこと…】の感想を書く前に、まずは作品紹介です。

作品名:パーフェクトワールド(2)

発行日:2015年8月12日発売/2019年3月17日現在までに全9巻発刊

著 者:有賀 リエ

発行所:株式会社 講談社[〒112-8001東京都文京区2-12-21]

内容紹介

車イスの乗る初恋の人・鮎川 樹と付き合い始めた川奈つぐみ。しかし愛が深まれば深まるほど、現実の厳しさに直面していく。そして樹を想う介護ヘルパー・長沢、つぐみを想う同級生・是枝の登場で感情の歯車は次第にくるい出していく――。

Amazonより引用

ちなみに私セイタロウは、電子書籍にて愛読しております。

テレビドラマスタート前とあってか、現在1巻が少し品薄となっているように感じました。

2018年10月には映画化!

作品名:映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』公式サイト:http://perfectworld-movie.jp/

監 督:柴山 健次

主 演:岩田 剛典(三代目 JSoul Brothers)・杉咲 花

漫画【パーフェクトワールド】1巻を読んで想うこと…02

出典:http://perfectworld-movie.jp/

予告編動画はこちら↓

2019年4月3日水曜日にはBlu-ray&DVDも発売されるようです。

2019年4月ドラマ化!

カンテレ・フジテレビ系4月16日の火曜日9時 ドラマ『パーフェクトワールド』

『いつかこのドラマが ただのありふれた ラブストーリーに なりますように。』

主演:松坂 桃李・山本 美月

パーフェクトワールド ドラマ公式サイト:https://www.ktv.jp/perfectworld/index.html

大変な人気作品となってきており、いまだ熱冷め止まぬどころかテレビドラマまで始まるので、今後ますます注目の作品となること間違いなしですね。

パーフェクトワールド2巻と私【困難を乗り越えるために必要なこと】について

さて、前回パーフェクトワールド1巻についてのブログを更新し、今回はこのパーフェクトワールドの2巻となります。

前の1巻で付き合うこととなった樹とつぐみですが、この2巻では脊髄損傷者のリアルすぎる恋愛あるあるについて話が展開されていきます。

私セイタロウも同じ脊椎損傷者として、また恋愛経験者として、このパーフェクトワールド2巻のあまりにリアルな感情の描写に読んでいるこちらが切なくなって、その昔の苦しんでいた若かりし頃の記憶が蘇ってきます。

ネタバレになりたくないのであまり詳しくは書きませんが、樹が全く足の感覚がなく、全く歩行できないからこそ樹の葛藤は自身を苦しめ、その苦しみを感じるつぐみは誠心誠意、樹が苦しまないように支えようとするのですが…あぁなんと切ない。

樹とつぐみは互いに誠実な人柄だからこそ、このような切ない物語へとなっているのですが、リアルな現実世界では脊椎損傷者と健常者との恋愛観も人それぞれで(当然ですが…)、このパーフェクトワールド2巻で描写されている樹とつぐみほどシリアスに捉えずに、フランクにありのままで交際や結婚しているカップルも多くいます。

思い起こせば、私も若かりし頃の脊椎損傷者になりたての頃は、もう一生恋愛なんてすることはない…と心に決めて、素敵な女性が目の前に現れてもあえて避けていたり、なるべく女性との恋愛とは関係のない違うことを考えようと無駄な努力をしていたものです。

今思えばそれは、相手に対して他の健常者と同じような幸せを、障害者である自分が提供することが出来ないという思い込みと、単純にそれが出来ない事によって健常者と障害者である自分を比べられて自分が傷つきたくなかったんだと思います。

ところが障害者となって何年かした頃に、そんな私にも、障害者となって初めて恋愛をするチャンスが訪れました。

それまで恋愛はもうしない…と心に決めていたのに、いったいどんな心境の変化が?と思うかもしれませんが、大きなポイントは2つありました。

1つめは、当時リハビリ病院を経てから、宿泊型自立訓練施設へ入所して、自分のできる事を一つずつ増やしていく訓練をしていたのですが、訓練を進めていくにつれて一つずつ出来る事が増えてくると、それは小さな成功体験となってやがて自分の自信となって蓄えられていきます。

やがてその自信が蓄えられればられる程、それまでは絶対無理だと思っていたことも、ひょっとしたら出来るかもしれないと思えるようになります。

つまり、積極性が芽生えるのです。

そうなると、自分なんか恋愛なんて…と思っていた心もやがて、もしかしたら恋愛も出来るかも…と思えるように変化していきました。

2つめは、当時入所していたその宿泊型自立訓練施設には、私と同世代の若者が多く居たのですが、その若者の中の何名かは脊髄損傷になってからできた彼女と交際していたのです。

始めの内は、脊髄損傷になってから彼女が出来る奴なんて、私にはない何か光るものがあるからこそそんな神業が出来るに違いない…と思っていました。

しかし、そんな彼女持ちの一歩先行く彼らと仲良くなり観察していく内に、その理由の最たるものが“行動力”であることに気づいたのです。

それ以外は私と変わらないいたって普通の人間だと気づき、自分に足りないものが何かも少しずつ分かってきたのですが、肝心の行動には失敗も付き物、つまり行動力のある人間は失敗も恐れない人でもある訳ですが、そこを1つめの自信が補ってくれたように思います。

2つめの補足として、同じ男として負けていられない…という負けず嫌いも大いに背中を後押ししてくれました。

さらに言えば、宝くじも買わなければ当たらないのと同じように、行動に出なければ何一つ変わらない、ということです。

パーフェクトワールド2巻の内容からだいぶ逸脱した思い出話を書き記してしまいましたが、障害者と健常者の恋愛初心者であった樹とつぐみは、初心者が必ず通る道において困難や失敗に動揺してしまい、次第に二人の関係性の歯車が乱れていってしまったように思いました。

本作のパーフェクトワールド2巻には、「障害者と健常者の恋愛において必ず訪れる○○」についての描写が多かったように思いますが、ここで改めて現実社会のリアルでもある○○についていくつか書き出してみます。(○○とは困難とか試練といった言葉が適当ではないかと思います。)

障害者健常者不幸にさせていないだろうか? 幸せだと思ってくれているだろうか?(樹の想い)

健常者障害者自分に対して我慢していないだろうか? 心を開いてくれるだろうか?(つぐみの想い)

・健常者の友人知人⇒障害者と付き合っている健常者どうしてあの人(障害者)と付き合うようになったの?(特に男性から女性に対しての言葉(是枝からつぐみへ…といったようなイメージ))

・親や親族⇒障害者と付き合っている健常者交際反対や交際に対して受け入れられない態度の表明(つぐみの両親の反応)

その他にも細かな点においては様々ありますが、代表的なあるあるとしてはこのようなことだと思います。

だからこそ、このパーフェクトワールド2巻がいかにリアルに描かれているか、感心しながらも作品の世界に引き込まれていきました。

それに、樹の男前な性格と、つぐみの可愛らしくも健気な乙女心が、この物語をより一層切なくも魅力的にしています。

ちょっと余談ですが、それにしても樹のモテモテ振りはやはり群を抜いていると思います(笑)

私が樹の立場であったなら、間違えなく長沢さんに惹かれてお付き合いしてると思います…ってところが私が非モテ人生を歩んでいる要因かもしれません(汗)

それにしても、前作の1巻同様に、このパーフェクトワールド2巻も基本的に純愛をテーマとした作品ですが、読み進めていくうちに、やはり脊髄損傷者の特性や、心理や、置かれている社会状況が、細かく丁寧に描写されていることがよく解ります。

され、今後、樹とつぐみの交際はどうなってしまうのでしょうか…

まとめ

以上が本作品を読んだ私の感想となりますが、お読みになった皆様はいかが感じられたでしょうか?

今回は、前回のパーフェクトワールド1巻の冒頭に書かれていた『あなたは 障害のある恋が できますか?』の言葉の本質的な部分に触れているように感じましたが、それにしても相変わらずの見事な描写だと思います。

それにしてもこのパーフェクトワールドを読み進めていくにつれ、著者の有賀リエさんのお人柄も窺い知れる気がしますが、大変細かな部分まで当事者の方々にリサーチを重ねられて、丁寧に作品を描かれているように感じています。

それほどに脊髄損傷なリアルに迫った作品なので、脊髄損傷者の理解を深めるのであれば、大変参考になる作品であるといえます。

さて、今回もこのような記事としてまとめてみましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

今後、パーフェクトワールド3巻、4巻と同じようにご紹介させていただく予定でございます。

ご参考までに私が交通事故のあった時の状況は以下の記事をご覧ください↓

この記事をお読みくださった皆様は、どのようにお感じになられたでしょうか…。

障害があっても、生きづらさがあっても、生きる意味はきっとあり、恋愛だってあきらめることはないと強く言いたいです。

このような内容でしたが、いつか、どこかで、どなたかのお役に立てる内容であったら嬉しく思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

セイタロウ

パーフェクトワールド 関連作品紹介

今回紹介したのはパーフェクトワールド2巻でしたが、2019年3月現在に9巻まで発刊されております。