漫画【パーフェクトワールド】9巻を読んで想うこと…【脊髄損傷者と健常者との結婚】

漫画【パーフェクトワールド】9巻を読んで想うこと…【脊髄損傷者と健常者との結婚】01

障がい者生活のセイタロウです。
このブログのこの記事をご覧くださりありがとうございます。

※※※この前書きは【1巻を読んで想うこと…】と共通の内容を引用しています※※※

私は、頸髄損傷(受傷部位:C6)四肢麻痺という比較的重度な身体障害がある手動車いすユーザー です。

普段は障害のある方々の支援をする某障害者生活支援センターに勤務して相談支援業務を行っておりますが、そういった日々の業務経験を積み重ねるうちに、いつしか社会保障制度や社会福祉全般に詳しくなり、気が付けば社会福祉士という資格も取得することが出来ました。

そんな私セイタロウですが、そういった仕事を通じて身体、知的、精神という障がいがある方々と交流を深めたり支援をさせていただくなかで、障がい者の生活について今まで以上に興味と関心を持つようになりました。

参考 セイタロウのプロフィール障がい者生活管理人&著者セイタロウの自己紹介

プロフィールにも書いてあるのですが、私セイタロウは映画や読書が好きなのですが、読書については小説や啓発本や専門書なども読みますけど、やっぱり漫画も大好きです。

好きな漫画は、週刊少年ジャンプを読んで育った世代なのでドラゴンボールや、シティーハンターや、スラムダンクなどなど(世代がよくわかると思います(笑))書き出せばキリがありません。

実は最近はあまり漫画を読めてはいなかったのですが、それでも車いす利用者が登場人物として描かれている漫画は、やはり自分も車いす利用者だけに気になって読んでしまいます。

車いす利用者、特に脊髄損傷という人が主役で描かれている漫画といえば、井上雄彦さんの作品である「リアル」が有名ですが、今回は2018年10月に映画公開された「パーフェクトワールド 君といる奇跡」の上映によって、有賀りえさん原作の本作品を知り、瞬く間にその世界観に引き込まれていきました。

今はただの車いすに乗ったおじさんとなってしまった私ですが、こんなおじさんでも本作品を読み返す度に胸がキュンキュンしてます(笑)

決して胸の動悸ではないと思います(笑)

さて、またまた前置きが長くなりましたが、今回、有賀リエさん原作の「パーフェクトワールド」が、「2019年4月/カンテレ・フジテレビ系4月クールの火9ドラマ」として放映されるとのことが決まり、先日第一話の放送がされました。

この投稿は原作の一ファンとして陰ながら応援させていただきたく、単行本一巻毎にネタバレを含まない感想を、脊髄(頸髄)損傷当事者である私セイタロウの実体験を踏まえて書かせていただこうと思った次第です。

パーフェクトワールド 作品紹介【1巻からの共通項目あり】

原作紹介

さて、この【漫画【パーフェクトワールド】9巻を読んで想うこと…】の感想を書く前に、まずは作品紹介です。

作品名:パーフェクトワールド(9)

発行日:2019年3月17日発売/2019年3月17日現在までに全9巻発刊

著 者:有賀 リエ

発行所:株式会社 講談社[〒112-8001東京都文京区2-12-21]

内容紹介

再び想いが交わったつぐみと樹。二人の関係を知った是枝は苦悩しながらも「もう二度と川奈の手を放すな」と樹に告げ、自ら身を引く。長沢も樹の気持ちを確認し、最後の想いを伝えて別れを受け入れる。しかしつぐみの父は二人が付き合うことに猛反対し認めてくれない。説得するために樹はつぐみの父が入院する病室を訪れるが…。

Amazonより引用

ちなみに私セイタロウは、電子書籍にて愛読しております。

2018年10月には映画化!

作品名:映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』公式サイト:http://perfectworld-movie.jp/

監 督:柴山 健次

主 演:岩田 剛典(三代目 JSoul Brothers)・杉咲 花

漫画【パーフェクトワールド】1巻を読んで想うこと…02

出典:http://perfectworld-movie.jp/

予告編動画はこちら↓

2019年4月3日水曜日にはBlu-ray&DVDも発売されました。

2019年4月ドラマ化!

カンテレ・フジテレビ系4月16日の火曜日9時 ドラマ『パーフェクトワールド』

『いつかこのドラマが ただのありふれた ラブストーリーに なりますように。』

主演:松坂 桃李・山本 美月

パーフェクトワールド ドラマ公式サイト:https://www.ktv.jp/perfectworld/index.html

大変な人気作品となってきており、いまだ熱冷め止まぬどころかテレビドラマまで始まるので、今後ますます注目の作品となること間違いなしですね。

パーフェクトワールド9巻と私【脊髄損傷者と健常者との結婚】について

さて、今回はこのパーフェクトワールドの9巻についてのブログ更新となります。

本日、令和元年6月25日現在でこのパーフェクトワールド9巻が最新刊となり、樹とつぐみの純愛もこの時点でのハッピーエンドという形で、一旦仕切られる形となっております。

作品としてはまだまだ先がもう少し続くようですが、今現在、放送されているテレビドラマも、本日6月25日が最終回となるようですね。

さて、このブログではパーフェクトワールドの漫画単行本に沿ってブログ記事を書かせていただきましたが、それもこのパーフェクトワールド9巻で一旦区切らせていただきます。

今回のパーフェクトワールド9巻では、前巻からの流れで、樹がつぐみに父に結婚の承諾をもらうために訪れる場面からのスタートとなりましたが、やはり、というか、ストーリーの設定上は簡単に父の許しはいただけないようですね。

あえて、ストーリーの設定上という意地悪な書き方をしてしまいましたが、確かに実際にこのように結婚の許しをいただくにあたって、大変な困難を要することもあれば、拍子抜けするほどあっさりお許しをいただける場合もありますが、近年は同性愛も寛容になってきている世の中でもあることが影響しているのか、障害者と健常者との結婚についても本人同士が好ければ、といって許していただけるケースも増えてきているように感じます。

とはいうもののやはり、その障害当事者のお人柄によるものだと思います。

ちなみに【障害者の自分を相手の親に紹介する心理学】については、下記記事をご覧ください。

漫画【パーフェクトワールド】3巻を読んで想うこと… 漫画【パーフェクトワールド】3巻を読んで想うこと…【障害者の自分を相手の親に紹介する心理学】

このパーフェクトワールド9巻では、最終的にハッピーエンドで終わっていきますが(ネタバレですか?…)、私セイタロウもその昔、結婚式を挙げたことを思い出します。(今はバツイチですけど)

車いす利用者の私が健常者の女性と結婚するにあたって、15年ほど前の話ですがバリアフリーの場所を探すのに苦労した覚えがあります。

まあ、今でこそバリアフリーやユニバーサルデザインはかなり浸透してきましたが、わずか15年前の話でも、場所によっては車いすでは全く自由に動くことのできない会場や、そもそも衣装を選ぶ段階からエレベーターが付いているかの確認や、多目的トイレが整備されている場所が限られていたりと、様々な苦労があったことを思い出します。

しかし、その時に二人で様々なところに出向き、いろいろと下見をさせていただくうちに、さらに二人のきずなが強くなっていくような感覚があります。

また、彼女のたっての希望でハワイ挙式にもチャレンジしようということとなり、ハワイ挙式に強い結婚式紹介場に足しげく通いましたが、その時の担当者さんもとても親切な方で、僕たちの希望を叶えようと現地スタッフと密に熱心に連携を取ってくださり、僕たちの希望する歴史ある教会で結婚式を行うことも出来ました。

漫画【パーフェクトワールド】9巻を読んで想うこと…【脊髄損傷者と健常者との結婚】02

ちなみに新婚旅行などとセットで組み込めば、ハワイ挙式自体はそれほど金銭的負担も大きくなく挙げることが出来るのですが、たとえハワイといえども歴史ある教会の建造物は大抵バリアがあり、車いす利用者の僕にとっては困難な教会ばかりで、教会選びにはとても苦労したことを思い出します。

いくつか候補はあったのですが最終的に、オアフ島にあるセントラルユニオン教会の大聖堂で挙げることになったものの、残念ながら教会の出入りは正面の階段からではなく、脇の通用門からの出入りとなってしまいましたが、僕たち二人にとってそんなことは何の問題でもなく、ただハワイの教会で結婚式を挙げれたこと自体で大満足だったのです。

その日はどこへ行っても、見知らぬ多くの方々から祝福の言葉をかけていただき、人生で一番幸せだと思える日でした。

車いす利用者の方で、ハワイ挙式を挙げたいと願っている方は、是非こちらをご検討してみてください。

教会の外観も内装も、いい意味でハワイらしくなく教会で、その場所だけ時が止まったような不思議な雰囲気と趣がある教会です。

さてさて、パーフェクトワールド9巻の内容に沿って書くつもりがすっかり昔の思い出に浸ってしまいましたが、いい意味で気持ちを切り替えて、樹とつぐみのように私も次なる相手と再びこんな素敵な場所で結婚式が挙げられるように頑張りたいと思います。(夢を見るのは自由ですから…)

パーフェクトワールド9巻の最後では、是枝君も長沢さんの関係も気になるところですが、作品はもう少し続くようなので、今後も益々期待しております。

と、いうことで…、今回はパーフェクトワールド9巻の内容について私セイタロウなりの視点で内容を紐解く…というか、自分の良かったころの思い出に浸ってしまいましたが、このような記事の内容でも、少しでもどなたかのお役に立てていただければ幸いでございます。

今後の展開は、はたして…。

まとめ

以上が本作品を読んだ私の感想となりますが、お読みになった皆様はいかが感じられたでしょうか?

今回はズバリ、【脊髄損傷者と健常者との結婚】について、思い出に溺れてみましたが、人生色々ですね。

このパーフェクトワールドに関する特集も一旦これにて区切らせていただきますが、このような内容でもどなたかのお役に立てるものであったら嬉しいです。

テレビドラマの方もかなり盛り上がっているようですが、最近街を一人で散策していると、ドラマが始まる前と比べて明らかに注目されているように感じ、少し困ったそぶりをすると、すぐにどなたかがお声掛けくださりお手伝いしていただけるようになりました。

これもこの作品がってこそだと思い、こういった作品の影響力を改めて実感いたしますが、願わくば一時的なブームで終わっては欲しくないものです。

それは自分本位なわがままでしょうか?…。

こんな時代が来ることを、あの時の自分に教えてあげたくなります。

ご参考までに私が交通事故のあった時の状況は以下の記事をご覧ください↓

【頸髄損傷】交通事故回想記【19歳のバイク事故】

この記事をお読みくださった皆様は、どのようにお感じになられたでしょうか…。

繰り返しこういったことを書きますが、障害があっても、生きづらさがあっても、生きる意味はきっとあり、恋愛だってあきらめることはないと強く言いたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

セイタロウ

パーフェクトワールド 関連作品紹介

今回紹介したのはパーフェクトワールド9巻でしたが、2019年3月現在に9巻まで発刊されております。